映画

映画 シンドラーのリスト 無料動画と本編ダウンロード再生 DMM


スティーヴン・スピルバーグ監督作。
ナチスによるユダヤ人大虐殺のさなか、1100人以上のユダヤ人の命を救った、謎めいた男オスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)に焦点を当て、驚くべき実話に基づいた物語を描いた衝撃作。

最優秀作品賞や最優秀監督賞をはじめ、アカデミー賞7部門受賞に輝いた名作で、無私の貢献をした一人の男の功績と、彼の行動によって、人類史上暗黒の時代のひとつを生き延びた多くのユダヤ人たちの感動のドラマです。

⇒本編動画再生はこちらから DMM.com

もうね、久々に映画で衝撃を受けましたよ。
これ、実際どうやって撮影したんだろうか、と思うシーンがかなり多く出てきます。

実際に裸になって連行されたり、大量に打たれたり殴られたりしてるわけですけど、これ実際にあたってますよね?というシーンが多くそれだけでもかなり衝撃的です。

ユダヤ人の大量虐殺は歴史上最も人間の魔性を表したとも言われているわけで、実際そうでしょう。

一度に2000人でしたっけ?毒ガス室で10分~20分間の阿鼻叫喚が続いた後に、2000体の死体ですよ。

これをまた収容されている奴隷達が片付けて、またその繰り返しでどんどん殺されていったわけです。

母と子供が同時に入れられたり、年寄りや労働力にならなそうな人がどんどん入れられたり。

実際にガス室では人の尻にかじりついて死んでいったという衝撃的な話や、人間が毒ガスによってどんどん殺され、暴力を受け、人間が虫けら以下に扱われていた衝撃の時代の物語。

ほんと。あのナチスドイツ軍に連行される時にね、ユダヤ人達は宝石をパンの中に隠して飲み込んだりして生きるために財産を隠したり必死でやるんですよね。

もうあのシーンだけでも、ユダヤ人というのは本当に考えて考えて必死に生きてきた故に賢くなった、いや賢くならざるを得なかった、のではないかと思います。

まあだから私はジョージソロスが好きなのかもしれませんが、彼の父親もユダヤで殺されかけて親子共々必死で生き延びたわけですが、彼の名言、まずは生き残れ、というのは彼の信念でもあるでしょうしそこに惹かれるのかもしれません。

やはり人間ね、生きることですよ。
ユダヤの大量虐殺時代を思えば今のこの時代の苦境なんてのは鼻くそ以下でしかありませんよね。

まあそんな時代と比べても仕方がありませんけど、それでも過去に学べることって多いと思うんです。

この映画、本当に色々と考えさせられますよ。
トレードの合間にぜひご覧下さいね^^

⇒本編動画再生はDMMでどうぞ

ではまた^^

↓今回の記事が参考になった方は↓

↑応援クリックお願いします^^↑

1位になったら現金か商品券でもプレゼント企画やろうと思いますヽ(´▽`)/

-映画

Copyright© FXで5万から1億を目指すサクセス社長トレーダー日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.