ポンド円

強制ロスカット2回からの大逆転劇の6月13日のトレード


強制ロスカット2回からの大逆転劇の6月13日のトレード

週明け早々にまたやってしまいました。
強制ロスカットです。それも資金が尽きるまで・・・
もう死にたい気分でしたね・・・

土曜日だったか日曜日のニュースで知ったんですよ。イギリスがEU離脱するだのなんだのって。
まさかここまで為替ポンドに影響があるなんて思いませんでした。

いくらテクニカル重視のトレードとはいっても、やはりファンダメンタルズは侮ってはいけませんね。ニュースはやはり見るべきだと思いました。

さて、最悪だったトレードを振り返りましょう。ほんと苦痛ですが・・・

先週の最悪なミストレード赤10からの買いでしたが、起きた時点で見事に強制ロスカットに掛かってました・・・・
外為ジャパンからの強制ロスカットのお知らせの自動送信メールがほんと悲しみを増大させます・・

この時点で資金は18000円程度しかありませんでした。

先週に引き続きここで2回目の強制ロスカットに。もうこの時点でかなり戦意喪失してましたが、ある意味ここまで下げたので吹っ切れました。

赤1買い。
サポ割れて綺麗に戻り売りの場面ですが、さすがに下げすぎなので超えてくるとみて早目に買いました。
ストップは強制ロスカット。

赤2買い増し。
サポ割れてさらに下落してきましたがフラフラと勢いがないのとやはり下げすぎなので一気にここで勝負に出ました。
実はもう一つの長期用の口座にいくらか資金が入っているのでそのお金を使って一気に10枚買いました。

これはかなりの賭けでした。もしさらに下落すればこの口座のお金もなくなる事になります。
そうなったらもう大変です・・・あたふたしながらも下げ過ぎな優位性に賭けました。
せめてピンクレジ付近までは戻してもいいと判断しての大きな賭けにでました。

もしここでさらに5円とか下げてくるようなら、もう破産を覚悟しましたが、それでも10円の下落ぐらいまでなら買い増すつもりで入りました。もう必死でしたね。

ストップは入れずにリミットを2つ上の緑レジ付近。

ここは案の定一旦上げてきてレジにぶつかりましたが目標まで届かないので見送り。

そしてその後まさかの下落です。
建値を割ってきたところで血の気が引きました。。。ガチで引きましたね。

その直後に外出。タパス&タパスへ食事に行ってそのまま会合がありました。
食事中もチャートを見てましたが一番下落した時であり、もうパスタどころの騒ぎではありません。

必死に考えて考えて、もし149円になったらもう10枚かって、148でもう10枚、と必死で作戦を立てました。もう妻の言葉は全く耳に入りません(笑)

ちなみにここで赤1の買いも強制ロスカットになって残高は8670円になりました。もう1枚も入れません・・

そしてプレッシャーでゲロ吐きそうになりながらもとある会合に参加して用事を済ませて、急いで帰宅しました。

帰宅したのが21時過ぎ頃。
少し戻してはいますが、まだまだ綺麗な戻り売り状態です。
ただ、下げに対して上げの勢いがちょっと強くなってきたのでここが限界かな?という感じもありました。

もしさらに下落してくるなら予定通り149で買い増し。148で買い増しで作戦続行です。
そして腹が決まったのでリミットを上げてピンクレジにしました。
本口座の残高はもう8670円しかないので入れませんし長期戦も覚悟しました。

そして子供の風呂を入れてちょっと雑用をしていてチャートを見てみると・・・・

きました!!!きましたーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まさかの久々の急騰。赤3のリミットに掛かりました。
まさに飛んで火に入る夏の虫。もう感動でコンビニにビールを買いに行こうかと思いました。
私は普段はお酒は一切飲みませんが祝杯をあげたくなりますね!

本口座の残高は8670円ですが、裏技を使っての大逆転劇となりました。

強制ロスカット2回からの大逆転劇の6月13日のトレード 強制ロスカット2回からの大逆転劇の6月13日のトレード

合計プラス89.66pips。89666円の利益でした。
1勝2敗。勝率33%。
pips数は面倒なので適当です。

いやーほんと心臓に悪いトレードでした。
ただ、こういう急落後の逆張りの場合には大抵勝てるんです。
実際にこれまでも私はこういう経験を何度もしていますが、最終的に負けた事がありません。

一時的には含み損が200万とかいくこともありましたがそれでも持ち返して取り返しました。
ただ精神的にはかなりキツイのでこういトレードはしないことにしています。
それにもし逆行した時に破産しますからね。

今回も勝てたからよかったもののもしさらに5円、10円と戻りをつけずに下落した場合には破産していたかもしれません。

ただ、重要なことは、あり得ないことはあり得ないんです。
例えばここから一気に140円まで急落したとしますよね?
でもそのまま130円までさらに急落するかというと、そんなことはあり得ないと思うんです。

もしそのまま130円まで急落するとしても、一旦戻りで何円かは戻すんですよ。それが相場じゃないですか。
何も戻りをつけずに130円まで下落する事はありえないんです。

つまり今回も、先日から一気に13円以上下落してきているわけで、ここからさらに10円とか戻りをつけずに一気に下げるかというとそうではないと思います。

もちろん相場に絶対はありませんのでわかりませんが可能性は非常に低いと言えるでしょう。

つまり今回の場合も、私がパスタを食べている間の急落、ここでもし私が冷静な判断を失い、無駄にロスカットしていたら?
プラス9万どころかマイナス20万円近くいって今日は最悪の中で眠る事になったでしょう。
いや、眠れないですねそんなに損失出したらショックで・・

でも、ありえないことはあり得ないんです。
これは私の名言だと思っています。

例えばドル円にしても、明日一気に100円になる事は絶対にないとは言えませんが多分なりません。
いや、ほぼ絶対にならないでしょう。
でも1年後にどうかと言われればわかりませんよね?わかるわけがないのです。
でも明日にはならないことぐらいは誰でも知っている事です。

でももし今日にでもドル円が104円ぐらいまで急落したとすると、買いポジ持ってる人なんかは急に追い詰められるわけです。
まさかこのまま100円割ったらどうしようとか、90円になったら破産するとか。
常にそのメンタルとの戦いなわけですね。

相場は心理戦であり、心理学がモロに該当してしまう世界です。
手法も大事ですがそれ以上に重要なのはメンタルです。

いかにマイナスを背負った時に冷静に判断できるか。
あり得ないことをありえないと判断し優位性に賭けられるかどうか、これしかないと思いますね。

私の場合、これまで500万円ほど資金を溶かしてきた経緯がありますので、どういう場面で資金が溶けるのかがわかっているつもりです。

例えば今回の下げにしても、もし私が162円から買いで入っていたとしたら?
流れは下げなのに戻りの上げばかりを狙って買っていたら、まず間違いなく強制ロスカットになっていたでしょう。

私はそういう事を何度か経験してきて、大きなロスカットは3回ほど経験しました。
1発目が200万。2発目も200万。そして最後が100万ぐらいでした。
気付いたら同じ事を3回も繰り返していたのです。

さすがに3回やると大体パターンがわかってきます。
上げや下げの流れの中での逆張りでナンピンを続けてしまうと終わります。これが強制ロスカットの鉄板パターンです。

私が今日のトレードで勝てたのは、下げの流れの中盤以降での逆張りだったからと思っています。
既に13円以上ですからね。これが中盤以降でなくしてなんなのか?終盤といってもいいかもしれません。

もちろんここからさらに下げるかもしれませんが、戻りは絶対にできます。実際に今日は少し戻したわけです。

もし逆張るならこの戻りで利益を取れる水準でなければ絶対に勝てません。
もし利益ポイントがもっと上になってしまうと可能性が下がるわけです。

いずれにしても5万円からはじめた口座ですが、今日の時点で8670円と破産してしまいました。
でも今回は裏技を使っての援護により、また資金を復活する事ができました。

このブログのコンセプト上はルール違反かもしれませんが、どうかご勘弁いただき、明日からまたトレードを再開したいと思います。

次こそはもう枚数の間違いには絶対にしないように要注意してしっかりとまた1枚からスタートしていきます。

しかしながら、別口座から銀行口座への出金が15日になるそうで、トレード再開は15日以降となりそうです。
もし勝てそうな場合は再度別口座で入るかもしれませんが、可能性は低いかと思います。

何事もなければ明日は見送りトレードとなりそうです。

いずれにしても最悪の週末、週明けから大どんでん返しの最高の週明けとなりました。
ほんと人生って頑張ればいい事あるもんです。

終わりなきトレードの旅はまだまだこれからです。

↓今回の記事が参考になった方は↓

↑応援クリックお願いします^^↑

1位になったら現金か商品券でもプレゼント企画やろうと思いますヽ(´▽`)/

-ポンド円

Copyright© FXで5万から1億を目指すサクセス社長トレーダー日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.